ブックサプライ

私は仕事の関係上、プログラミングやイラスト関係の技術書をよく購入するのですが、それらが必要なくなったり、無駄に溜まったりした時にブックサプライを利用しています。

技術書や一般書籍は、買取不可の場合があったり、その価値を理解できなくて適正な買取価格をつけてもらえない場合もあったりして、ブックサプライを利用するまで結構不安だったものです。ですがここを利用するようになった今は安心して売ることができるようになりました。

買取価格は技術書や一般書籍を正しく評価してくださるような良店の中でもトップクラスの高めです。

また初版からそれ程時間が経過していない時には、買取して貰う書籍によっては買取保証が付いている場合もあります。このサービスはとても役立つものでした。

ブックサプライのホームページにはしっかりと自分で査定の出来る「お試し査定」があり、無駄に送料だけを支払わなければならなくなったという状況に陥ることもありません。

また配送に使用するダンボールも10箱までなら無料で送って貰えます。ダンボールの購入価格を節約することが出来るのです。

こういう細かなサービスは、何度も買取を行っている私にとってはとてもありがたいものでした。

これらのサービスや高めの買取価格もあって私はブックサプライをよく利用しているのですが、それなりの注意点もあります。

まずある程度の数(10点以上)やそれなりの買取価格(2000円以上)が付かないと送料を取られるということ、そして振込手数料として400円が必要になるということです。

他の多くの買取店でも同様か、似たような処置が取られているので、それ程気にすることもないと思います。ですが、それらを気にするのならある程度の数をまとめて売ったほうが得です。私も20~30冊前後を基準にいつもまとめて買い取って貰います。

仕事関係の書籍を定期的に処分しなければならない人にとってブックサプライはとても役立つ買取店です。